×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ローゼンメイデン最終回

作者:ID:rK/HRPbG氏
アリスゲームに勝ったのは水銀燈。
nのフィールド内、ローゼンのもとでの生活は幸せなはずだったが、なぜか満たされない。
手に入ったものには興味がないのか、ローゼンの扱いもそっけない。
ふとフィールドの壁に外界の様子が映る。
ただの人形になっても各マスターたちに愛されている真紅、雛苺、翠星石、蒼星石たち……
水銀燈は悩む。
これが自分の求めた幸せだったのか。
自分は本当にアリスになったのか。
黙って来てしまったが、めぐは今ごろどうしているだろうか。
たまらず飛び出す水銀燈。
それはローゼンに対する裏切り行為であり、許されないことだった……
「お父様、ごめんなさい──せめてもう一度だけ、あの子の腕の中に」

だが、あの病室に着いてみるともぬけの殻だった。
人形である自分を隠すことも忘れて看護婦を問いただすが、言葉を濁す……
不安を隠しきれぬままめぐの実家に行き、窓の外から中の様子を見る。
そこには、ひっそりと仏壇に飾られためぐの遺影があった。
泣き崩れる水銀燈。

仕方なく戻ろうとすると、フィールド内の所定の位置にローゼンの姿は無く、
代わりにラプラスの魔が待ち構えていた……
「どうしてこんな真似をしたのです?ローゼンはお怒りだ。
もう二度と、あなたの顔など見たくないそうですよ」
かと言って外の世界にも、もはや水銀燈の居場所はない。

永遠にひとりぼっちになってしまった──
誰もいない夜の病室で、水銀燈はただ絶望し、うずくまっていた。
もう涙も出ない。
やがてこの病室にも、新しい病人が運ばれてきて、出て行かなければならなくなるだろう。
「そうだ──そうだわ。私には、まだあの子がいるじゃない」
なにか思いついたのか、水銀燈は夕闇を映す空の向こうへ消えていった……

桜田邸──
ジュンは日課である人形の手入れを、その日も行っていた。
真紅と翠星石。
かつてはかしましく喋りたおしていた彼女たちも、今ではただの人形だ。
雛苺は巴の家に引き取られていってここにはいないが、時々遊びに来る。
クシで真紅の髪を梳いていたとき、窓ガラスを割って侵入するものがあった……
「水銀、燈──」
現れたのは、水銀燈である。
「うふふ、真紅、真紅ぅ、また会えて嬉しいわぁ……」
「お前、何しに来た!もう居なくなったんじゃなかったのか!」
「ちょっと黙ってなさぁい、人間」
ローザミスティカ7つ全ての力を得ている水銀燈に、
ミーディアムとしての力も失ったジュンが太刀打ちできるはずもない。
ジュンは、睨まれただけで動けなくなってしまった。
「うふ、うふふ……好きよ真紅。バラバラに引き裂いても足りないくらい愛しているわ……
もうアナタしかいないのよぉ、また昔みたいに憎しみ会いましょうよぅ、ねえ、真紅ぅ。
ローザミスティカがないと動けないのね?わかったわぁ、返してあげるぅ」
そう言うと、水銀燈は真紅に熱い口付けをした……

そして、真紅は再び動き出した。
「んむっ」
「ずいぶんと熱烈ね。お父様はどうしたの?水銀燈」
「飛び出してきちゃった。だって、アリスって案外、つまんないんですものぉ。
ねえ真紅ぅ、また闘いましょう。もう決着なんて要らないわぁ」
「あら、あなたもやっと『ゲームを楽しむ』って考えが出来るようになったのね。
好きにしたら?闘うことは、生きることだもの」
「わかってもらえて、嬉しいわぁ……じゃあこれも預けとくから、他の連中に返しといてねぇ」
真紅に5つのローザミスティカを手渡して、水銀燈はどこへともなく去っていった。

──数日後。
桜田家では、アリスゲームが再び始まったらしきことに関して作戦会議が持たれていた。
「イッチゴッジャムゥ〜イッチゴッジャムゥ〜イッチゴあじっのォ〜スッパゲッチィィ〜」
「おバカ苺!なんてコラボレーションをかましやがりますか!
食べ物を粗末にするなと、あれほど口をすっっぱくしてもわからないですかあっ!」
「静かにしろお前ら!ったく作戦会議にも何もなったもんじゃないな……」
「うふふ……」
「何がおかしいんだよ、柏葉」
「だって、またこんなふうにみんな元通りになれる日が来るなんて、思わなかった」
「鬱陶しいだけだよ、毎日毎日ピーチクパーチク……」
「顔が笑ってるわよ、ジュン」
「ふん。……そういえば柏葉、大丈夫なのか?雛苺のほうは」
巴の手には薔薇の指輪があった。雛苺のものだ。
アリスゲームがリセットされたためか、二人は再契約を交わすことが出来た。
「nom!ヒナはもう、昔みたいにおこちゃまじゃないのよ!ぷんぷん」
「大丈夫よ。もう寂しがって泣いたりしないし、加減してくれてる。何ともないわ」
「多少成長したところで、お子ちゃまはお子ちゃまですぅ」
「なにおー!」
「みんなー!花丸ハンバーグ、できたわよー!」
「わーい!久しぶりの花丸はんばーぐなのー!」
「ああ、水銀燈のボケナスに卑怯な手で出し抜かれて以来、
再び味わえる日は来ないものと思っていたですぅ……感激ですぅ」

そこへ現れる、黒い影。
「あら、いい匂いねぇ」
「水銀燈!」
「おいしそうなハンバーグだわぁ。ねえ、私にそれ、ちょうだぁい」
「まあ、ごめんなさい、もうひき肉が残ってなくて……買いに行かないと」
「その必要はないわぁ……ひとのものを取っちゃうから、おいしいんじゃなぁい?」
「変わったわね、水銀燈」
「?」
「昔のあなただったら、この団欒自体をぶち壊しに来ている筈よ。
……とはいえ、花丸ハンバーグを譲るわけには、いかないわね」
「なの!」
「この戦い、絶対に負けるわけにはいかないですぅ!
いくですよ、ちび人間!」
「なんで晩飯ごときで……本当に食い意地張ってるよな、人形のくせに」
「黙って来なさい。行くわよ」
「はいはい」
「ハイは一回よ」
「へーい」
「いい子ね。水銀燈、ここでは戦えないから、nのフィールドに移るわよ」
「なんでもいいわぁ。早く始めましょうよぅ」
「雛苺が行くなら、私も」
「大丈夫か?柏葉」
「伊達に剣道やってないってところ、見せてあげる」
nのフィールドに舞台を移し──
「トゥモエがついてればこわくないのー!覚悟するのよ、水銀燈!」
「今度こそギッタンギッタンにのしてやるですぅ!」
「3対1、あなたに勝ち目はないわ。泣いて謝るなら今のうちよ」

「うふふ……さあ、楽しませてちょうだぁい!!」

再び、戦いが始まった──

「これで良かったのですか、ローゼン」
「アリスはまだ、生まれたばかりだ。
それが成長し、完成するまでにはまだ時間がかかるようだ。
いましばらく待つとしよう。
期待しているぞ、水銀燈……いや、アリス」